« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

春一番で店の実力を考える

もう日付が昨日になってしまったが、風がとても強い日だった。
春一番だったという。

車を運転していても、風で揺れるのがわかるほどだった。


道を走らせていて思ったことがある。

商店はのぼりの旗をよく道沿いに立てている。
今日のような風の強い日には、旗が激しく振られ、今にも飛んでいきそうだ。
風で飛ばされて、けが人でも出たら大騒ぎだろう。

しかし、店によっては当然のように旗を外している所もある。
気の回る店かどうかがわかってしまう。

面白かったのは並んで張り合っている牛丼チェーンで、片方は旗が取り外してあり、もう片方は取り外していなかった。
オレンジの看板が目印のお店の勝ち。

あと、自動車関係の店は旗を外していないところが多かった。
そこまで気を回さなくてもやっていけるくらい景気がよいと言うことだろうか。
ただ、念のためフォローしておくと、自動車関係のお店の旗は全体的に頑丈そうな物が多く、風で飛びそうな物は少なかったように思う。
(やはり、景気がよい?)
もしかしたら、ものづくりメーカーの根性で、春一番くらいでは絶対に折れない旗を開発しているのかもしれない。

風の強い日に旗を外すかどうかで、その店のサービスの質を推し量ることが出来るのでは。
そんなことを考えた、春一番だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

規格争いの終焉

東芝、ついにHD DVD事業撤退の最終調整に、損失は数百億円
livedoorニュース

CD-R、CD-RW…
DVD-R、DVD-RAM、DVD-RW…
SDカード、コンパクトフラッシュ、メモリースティック…

新しい製品が発売されるたびに、複数の規格が乱立する。
それぞれの規格の優劣は、消費者から見れば微々たるもので、比較して購入する人は少ないだろう。

本体を買うときは、その規格が優勢になることを祈るだけだし、
メディアを買うときは対応していないもの選んでいないか心配するだけだ。


もともと、この業界はハードではなくソフトに主導権が渡って久しい。
にもかかわらず、ユーザを無視した争いが毎回起こり、意味のない混乱が続く。

今回の次世代DVDの争いは、結局は国内では収まらず、海外の小売業と、ソフト側の判断で引導が渡された形だ。
はやい幕引きは冷静な判断だと思うが、それでも大きな損失であることには代わりない。

規格が統一されていないと、複数のメーカーの機械を購入したとき、余計な心配が増えて、購入意欲がそがれる。


もう次からはこんなことにならないよう、メーカー各社はスタートの段階でしっかりとまとめて欲しい。
今回のようになるくらいなら、ジャンケンで決めても良いと思うのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

労働者の視点から、マクドナルドのイメージを思う

[日本マクドナルド]管理職制度変えぬ…原田社長
livedoorニュース

以前にも書いたが、マクドナルドをよく利用する

味の安定感と、店員のサービスの良さが素晴らしい。

しかし、今回の店長の残業問題。
敗訴したマクドナルドは控訴するという。
あくまで認めないのか。

消費者からすれば、無関心を装うことも出来る。
高いサービスと、優れたコストの陰に、社員の血のにじむような努力があっても、「仕事だから、資本主義だから当然のこと」と考えてしまうのは簡単だ。

しかし、労働者の立場から考えるとどうだろうか。
一流企業の、店長と呼ばれる人間が、報われていないと感じ、会社を訴える。

切実だ。

判決が出ても会社は方針を変えないと発表し、控訴するという。
対外的な視点ばかりで、従業員への配慮が感じられない。

大きな会社が、こういう態度をとっては、他の会社の労働条件も改善されないだろう。
巡り巡って、自分にも関わってくると言える。


例えば、公務員の昼の休憩時間が60分あるのに、中小企業はほとんど、45分しかない。
そこで、公務員はずるいと言って、公務員の休憩時間を45分にしてしまったら、いつまでたっても昼食は45分のままだ。
中小企業が60分の休憩時間を勝ち取れるように訴えていくのが本来の姿ではないだろうか。


これと同じことが今回のマクドナルドにも言えると思う。
安く美味しい食事が提供されればそれでいいと考えて、その店の従業員の労働環境が悪いことを見て見ぬふりをしてしまってはいけない。
結局は、自分にかえってきてしまう。

消費者にそういう視点があって良いのではないだろうか。

今回のマクドナルドの対応は、少々残念だ。

従業員にとっても良い会社。
そんな会社の商品を、私は選びたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最強か。意味無しか。

[マイクロソフト]ヤフーに買収提案
livedoor ニュース

聞いた瞬間、すごい組み合わせだ!と関心。
これなら、Googleに対抗出来るかもしれないと思わせる。

もしかしたら、これが唯一の対抗手段なのかもしれない。


…しかし、冷静になって考えてみると、Yahoo側にメリットが少ない気がする。
ネット上で無料利用できるOfficeソフトを提供するくらいのプランがあると良いのだが。

マイクロソフトがどんなビジョンで買収を検討しているのか、気になるところ。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »